農場HACCP、JGAPと乳房炎の専門コンサルタントの赤松ファームクリニック

ごあいさつ

代表 赤松

 赤松ファームクリニック代表の赤松裕久と申します。

北海道での臨床経験を経て、静岡県畜産技術研究所で農場HACCPの研究と普及に取り組み、獣医技術だけではなく、組織マネジメントについても勉強しました。

その結果、農場を良くするには、人・家畜・施設などを総合的に分析する必要があり、その考え方に基づいて農場HACCPや乳房炎防除を行うと、家畜の病気が減り、農場が明るくなることを実感しました。

 これらの経験を活かし、より多くの皆様のお役に立ちたいと思い、このたび、コンサルタントとして開業しました。全畜種を対象とした“農場HACCP、JGAP家畜・畜産物”の支援と、牛乳房炎の総合的な防除をメイン業務として、農場の問題解決と生産性向上に尽力してまいります。

 ご要望があれば、全国、どこにでも伺います。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

略歴をみる

代表 赤松

事業案内

全畜種(乳牛・肉牛・豚・鶏)を対象に、「農場HACCP」および「JGAP家畜・畜産物」の認証取得を支援します。

また、酪農場で多発する牛乳房炎について、企業が実践するプロセスアプローチ手法を用いて、総合的な防除プランを提供し、乳房炎の低減を図ります。

農場HACCP認証取得
農場HACCP支援
JGAP指導員認証取得
JGAP家畜・畜産物支援
牛乳房炎防除
牛乳房炎防除

略歴

平成03年03月

日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)

獣医畜産学部獣医学科卒業(同年、獣医師免許を取得)

平成03年04月 北海道紋別市農業共済組合家畜診療所に勤務。主に乳牛臨床業務に就く
平成06年09月 同所を退職
平成06年10月 ドイツ・ハノーバー獣医科大学に短期研修
平成08年04月

静岡県獣医職に採用

中遠家畜保健衛生所勤務

平成14年04月 畜産試験場乳牛部(現・畜産技術研究所酪農科)勤務
平成20年04月

同所にて、ISO22000食品安全チームリーダーに任命される

(同年9月、酪農施設として国内初となるISO22000:2005認証を取得)

平成21年09月 農場HACCP認証基準解説書の作成委員に就任
平成21年12月 農場HACCP指導員研修の講師に就任
平成23年11月 農場HACCP主任審査員(00002号)就任
平成31年04月 赤松ファームクリニックを開業
赤松ファームクリニック

0544-26-9202

info@akamatsufarm-clinic.com

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原857-11