新着情報・ブログ

HACCPで乳房炎を制御できるか?~資料を配信します。

農場HACCPの第1の目的は「食品安全」です。 そのため、臨床型乳房炎をしっかりと発見し、廃棄することは必須です。 また、安全な畜産物は健康な家畜から生産されるため、「家畜の飼養衛生の向上(家畜衛生)」も、目的に包括されます。 そこで、一...

ハザードの制御~農場ですべてを管理すべきか?

前回のブログで、ハザードとリスクの違いを、フグの例えを用いて説明しました。 前回、ブログを執筆するにあたり、さまざまなハザード分析の事例をインターネットや文献で検索しました。 その結果、ほとんどの事例では、ハザード管理手段の決定プロセスと...

ハザードとリスク~フグの例え話

HACCPとは、"Hazard Analysis Critical Control Point(危害要因分析・必須管理点方式)"の頭文字をとった言葉です。 つまり、Hazard(危害要因=危害を起こしうる要因)を分析することが、HACCP...

流通からの要請~13年前の予測が現実に!

私は平成18年(2006年)、ISO22000:2005の勉強を開始し、講習会に参加しました。まだ、国内におけるISO22000認証がスタートする前で、農場HACCP認証基準が発表される3年前です。 その時、講師の方が「流通業界からISO...

倒産しにくい会社とは?

平成19年(2007年)、私は静岡県畜産試験場(当時)でISO22000推進責任者として、(社)中部産業連盟の指導を受けて、システム構築に取り組んでいました。 ある時、コンサルタントの方から、「倒産しにくい会社は、どんな会社か?」と質問さ...

最初の審査の思い出

平成最後の日(平成31年4月30日)、農場HACCPの審査に行ってきました。 農場HACCP認証は平成21年(2009年)8月に公表され、その後、審査制度の準備を経て、平成24年(2012年)2月から審査が行われました。最初に全国14農場...

ホームページを開設しました。

このたび、赤松ファームクリニックでは、ホームページを開設しました。 当クリニックでは、農場HACCP、JGAP家畜・畜産物の認証支援および牛乳房炎防除に取り組んでいます。それぞれの専用ページで、取り組み手法や考え方を掲載していますので、ぜ...
赤松ファームクリニック

0544-26-9202

info@akamatsufarm-clinic.com

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原857-11