新着情報・ブログ

北海道 農場HACCP研究会で講演します!

来週、9月17日(火)に、北海道農場HACCP研究会が開催され(場所=酪農学園大学)、そこで基調講演をさせていただきます。

テーマは「農場HACCP、発展の要因と今後の展望」

(実は、同一テーマで9月12日、岡山県で先行して講演させていただきます。北海道側の了解済みです。)

まだ、発表前なので、詳しい内容は述べませんが…、

2019年8月末で、農場HACCP認証を取得した農場は301になりました。4月1日時点で251農場だったので、わずか5ヶ月で50農場も増えました(私個人でも、4月から昨日にかけて、10農場の審査を行っています)。

かなりの発展と思います。

その発展を支えた要因はなにか?私は、以下の2点と思います。

1.審査規格であること

 認証マークを看板やHPに表示できることは、消費者あるいは同業者から見てわかりやすく、”見える化”されていること

2.マネジメントシステムであること

 経営の中で、各種の資源(人、家畜、設備、技術ノウハウ)を活用し、継続的に発展する仕組みになっていること

経営者への聞き取り調査においても、マネジメントシステムの良さを挙げる方は多く、PDCAサイクルによる発展性が評価されています。

一方、生産性については農場ごとに多様であり、一定ではなく、今後の課題として「安定した生産性向上」が挙げられました。

そのためには、農場HACCP認証基準(第1章~7章)を単に実践するだけでは限界があり、適切な生産技術を投入し、それを農場HACCP(マネジメントシステム)の仕組みの中で実践することが効果的と考えます。

それを証明する2つの事例(当方が携わった、農場HACCP認証農場における乳房炎制御の例)を紹介します。

講演後(9月18日以降)、私の講演内容につきましては、PDFで配信したいと思います。当HPのお問合せ欄からアクセスしてください。注意事項を添えて、ご指定のメールアドレスへ送信します。

ご興味のある方のアクセスを、お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

赤松ファームクリニック

0544-26-9202

info@akamatsufarm-clinic.com

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原857-11