新着情報・ブログ

5.アウトプット分析の例

今回のコラムでは、生産状況(アウトプット)の分析例を紹介します。 【A農場】
1.バルク乳体細胞数=平均24万個/ml(年間)
            ただし、旬検査で30万個/mlを超えることが1年に8回、発生。 2...

4.生産状況(アウトプット)の把握

総合分析の第一歩は、乳房炎に関わる「生産状況(アウトプット)」を調査することです。 具体的には、バルク乳体細胞数・細菌数、乳房炎発生率、乳房炎による乳の廃棄率などを調査します。 よく、「ウチは乳房炎が多くて困っているよ」という声を聞きます...

3.乳房炎の総合分析~タートルチャートの活用

「乳房炎防除管理プログラム」は、ステップ1「乳房炎の総合分析」から始めます。 乳房炎は発生要因が多岐にわたります(人、牛、搾乳機械、牛舎の衛生…)。 そのため、どこから手をつけてよいか、わからないという声をよく聞きます。 つまり、乳房炎を...

2.乳房炎防除管理プログラムの概要

当クリニックが実践する「乳房炎防除管理プログラム」について、解説します。 まず、CAPDo(キャップ・ドウ)という言葉から説明します。 PDCAサイクルという言葉は聞いたことがあると思います。 Plan(計画)→Do(実施)→Check(...

1.総合的な乳房炎の防除

乳房炎に関するコラムを始めることにしました。 私は昨年(H31)4月に畜産コンサルタントとして開業しました。 1年後の今日、まさか、家畜ではなく、人へのウィルス感染症のパンデミックが起きるとは、想像していませんでした。 その影響で、農場H...
赤松ファームクリニック

0544-26-9202

info@akamatsufarm-clinic.com

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原857-11