コラム

第2章 目標管理で注意すべきこと

具体的な目標を立て、その達成度を管理することは、マネジメントシステムの重要な部分です。しかし、目標の達成度を評価する際に、留意すべきポイントがいくつかあります。

1.目標(成果)が未達成であっても、管理職の責任の下、関係者全体で原因

  を分析し、改善を図るような”健全な組織体質”を持つこと。

2.管理職は結果のみに固執せず、その過程(プロセス)も重視すること。

  結果に至るプロセスを分析することで、未達成の要因が見えてくる。

  また、努力を評価することで、担当者も次に向けてモチベーションを維持

  できる。

3.目標の設定そのものが妥当であったか、検証する。

  高すぎる目標は未達成率を高め、組織のモチベーションを下げてしまう。

ビジネス業界の本などを参考に、注意すべき点を挙げてみました。

目標の設定と管理は、組織を運営する上できわめて重要なことですが、反面、目標追及が組織を悪くする場合もあります。

また、目標の未達成は、私たちコンサルタントの力不足かもしれません。

目標が未達成であった場合、私自身も反省しつつ、経営者を含めた組織全体で分析と対応を行うよう、心がけています。

そして、そのような習慣を持つこと自体が、最終的には農場(組織)を良くし、生産性を上げることにつながると確信しています。

 

 

 

 

 

赤松ファームクリニック

0544-26-9202

info@akamatsufarm-clinic.com

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原857-11